↓BGMの心理学ブログは引越しました!↓
↓こちらのメインサイトからどうぞ↓
BGMの心理学


好きな音楽、嫌いな音楽

2006年05月21日

こんにちは。音環境コンサルタントの齋藤 寛です。

好きな音楽と嫌いな音楽。

違いはなんでしょう。

純粋に好きな音楽、作曲家が好き、詩が好き、過去に良い思い出がある。

まだまだ、あるでしょう。

もちろん嫌いな理由もまたあるでしょう。

好きな音楽を聴いた時と、嫌いな音楽を聴いた時では心理学的にどのような変化があらわれるのでしょうか。

好きな音楽を聴けば愉快になるでしょうし、またその逆もあるでしょう。

この程度はだいたい予想できます。

そして、時によっては行動にまで影響を与えることがあります。

過去の実験からおもしろい例を出しましょう。

好きな音楽、嫌いな音楽を聴かせて、氷水に手を浸すというものです。

音楽によっては苦痛に耐える時間や印象が違うのではないか、というのです。

さて、どのくらい違いが出たのでしょう。

好きな音楽を聴いた時は、手を浸す時間が延びました。

逆に嫌いな音楽を聴いた時は、手を浸す時間は同じだったものの、印象評定では「非常に苦痛だった」という結果でした。

好きな音楽は痛みを和らげ、嫌いな音楽は痛みを助長させる効果があるのです。

ただ、「共鳴現象」のところでもお話ししたように、「快適」に「快適」を、「不快」に「不快」を組み合わせたほうがその効果は大きいので、今回の場合は嫌いな音楽を聴かせて、苦痛を助長させる効果の方が、和らげる効果よりも大きいことになります。

この様な効果を使って、音楽療法やBGMに活かされているのです。

さてさて、今日は肩こりがひどいので好きな「バナナのおやこ」でも聴きましょう。

それでは、また。

posted by 齋藤 寛 at 21:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽のチカラ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。