↓BGMの心理学ブログは引越しました!↓
↓こちらのメインサイトからどうぞ↓
BGMの心理学


気分によって好きな音楽が変わる

2006年05月28日

こんにちは。音環境コンサルタントの齋藤 寛です。

何か、うれしいことがあった時と悲しいことがあった時では聴きたい音楽って違いませんか。

気分が高揚している時はどんな曲を聴きますか。

悲しみに暮れている時はどんな曲を聴きますか。

そうですねえ、私なら気分が良い時は「GREEN DAY」、悲しいときはショパンの「葬送行進曲」。

極端すぎるって?そうですか、でも分かり易くするとこんな感じかもしれません。

これは、「同質性」と言われる現象でそのときの気分と同じものを求めるということです。

実験では分かり易く、テンポを一つの指針としています。

気分が高揚している時は心地よいと感じるテンポが通常より速いのです。

逆に、気持ちが沈んでいる時は通常よりテンポが遅い曲を心地よいと感じるのです。

もちろん、人によって興奮の度合いや悲しみの状況は違うでしょうから簡単に一まとめにすることはできません。

ただ、気分の違いで心地よいと感じるテンポが異なるということはありえるのです。

音楽療法の分野ではこういった結果をふまえて様々なアプローチがされています。

身近な人で、悲しみに暮れている人がいたらやたらとカラオケに連れて行って盛り上げるのではなく、少しスローな曲を一緒に聴いてあげるのも一案かもしれませんね。

それでは、また。
posted by 齋藤 寛 at 12:54 | Comment(1) | TrackBack(0) | 癒し 〜音楽療法〜
この記事へのコメント
『齋藤 寛』様

はじめまして!
ブログ楽しく拝見させて頂きました。
大変楽しく読ませて頂きました。

最近、『ブログタイトル』のような面白いブログは、修正・加筆して電子書籍として販売するとヒットすることがよくあります。

そして、無料で登録できる電子書籍でヒットしたら、次はそれをそのまま商業出版化する、という流れも出てきています。

そこでお願いがあるのですが、商業出版のアシストもしているでじたる書房で、あなたのブログを販売してみませんか?

■TOP:http://www.digbook.jp/
■ライター登録ページ:http://www.digbook.jp/writers_site/
■ライター登録者数:1834人
■総書籍数:6374冊

ご登録、販売にあたり費用は一切無料です!
お待ちしております!
Posted by でじたる書房 at 2006年05月28日 20:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。