↓BGMの心理学ブログは引越しました!↓
↓こちらのメインサイトからどうぞ↓
BGMの心理学


モーツァルト効果

2006年06月01日

こんにちは。音環境コンサルタントの齋藤寛です。

「モーツァルト効果」。

どこかで聞いたことありますか。

やはり、モーツァルトは避けて通ることはできません。

モーツァルトの曲を聴いて心が癒され、体調を回復させるなどの不思議な効果があると言われ始めたのは比較的最近のことです。

実際に、モーツァルトを聴いてIQテストの成績が上がったという報告もあります。

モーツァルトはなぜそのような効果があるのでしょうか。

一つには「高周波」の効果といわれています。

この「高周波」が脳を心地よく刺激してα波が現れるというのです。

α波が出るということは、だ液が出たり消化器官が活発になったり発汗作用があったりといいことがたくさんあります。

こういった科学的な根拠も含めて「モーツァルト効果」は様々な分野で利用されるようになったのです。

モーツァルトの小話を少し。

3歳からピアノを弾き始めて5歳で作曲。←5歳って!

10代の頃にシスティーナ礼拝堂で門外不出の秘密の曲とされていた9声部の「ミゼーレ」をたった一度だけ聴いただけですべて書き起こしてしまったそうです。

モーツァルト以外に何人も挑戦したそうですが、9声部はさすがに無理だったようです。

9声部ですよ9声部。

モーツァルトが生涯作曲した数は626曲。10歳くらいから計算しても一ヶ月に2曲。交響曲でも1曲ですから人間技じゃありません。

このようにモーツァルトは人類史上類い稀な天才ですから、何か特別な力があっても不思議ではありません。

個人的にはモーツァルト以外も期待しているのですが。

それでは、このへんで。
posted by 齋藤 寛 at 12:52 | Comment(16) | TrackBack(2) | 癒し 〜音楽療法〜
この記事へのコメント
野菜や花にクラシックを聴かせると育ちがよい、というのは高周波に関係あるのでしょうか・・ね?
Posted by R&Kです at 2006年06月03日 01:50
そうだと思います。
ポイントは3500Hz以上の高周波です。
Posted by 音環境コンサルタント 齋藤寛 at 2006年06月03日 02:09
こんにちは。再びTBさせていただきました。モーツァルト効果・・・やっぱりモーツァルトは圧倒的にすごいんだと思いますが、僕も他の作曲家の作品にも期待したいです。
Posted by muse at 2006年06月08日 12:56
museさんは好きな作曲家は誰ですか?
モーツァルトは実際演奏にはあまり恵まれませんでしたが、今では聴くほうに徹しています。
疲れているときにはやはりいいですね。
Posted by 音環境コンサルタント 齋藤寛 at 2006年06月08日 23:24
こんにちはー。
ぼくの好きな作曲家、クラシックでしたら、ラベルですね。ラベルやドビュッシーには、モーツァルトには無い、なんらかの効果がありそうです。
Posted by muse at 2006年06月12日 18:32
そうですか。印象派の作曲家達が好きなのですね。
印象派の人たちは聴くとキレイでいんですが、実際弾くとなると超絶技巧だったりするんですよ。見掛けと違ったりします。
彼らは、想像させる曲が多いですから良い効果がありそうですね。
Posted by 音環境コンサルタント 齋藤寛 at 2006年06月12日 20:42
学校の卒論論文で モーツァルトの音楽は、野菜をおいしくする効果があるか というのを調べています。何が原因で甘味が増すのですか?教えてください。
Posted by mari at 2006年07月14日 17:59
mari様
コメントありがとうございます。
卒論でモーツァルトですか。とても興味深い内容ですね。
何が原因で甘みが増すのかは、うーんといったところです。実際に甘みが増すのかというところからスタートですね。その際はプラシーボ効果は完全に排除しなければならないと思います。3500hz以上の高周波が良いとよく言われていますので、周波数に関係する実験は欠かせないのではないでしょうか。結果が出たら教えてくださいね。
Posted by 音環境コンサルタント 齋藤寛 at 2006年07月15日 23:14
わかりました。ありがとうございます。
あの、農業でモーツァルトが使われているとこって知りませんか?
モーツァルトの何の曲を使っていたかや、本当に効果があったか。などをお聞きしたいんですけど・・・。
Posted by mari at 2006年07月20日 23:08
mari様
実際にやっているところですか。地方のテレビ局なんかに問い合わせると教えてくれるかもしれませんね。
探してみたところ、
http://www.h4.dion.ne.jp/~ashizawa/
こんなところもあります。
おいしそうですね。
がんばってください。
Posted by 音環境コンサルタント 齋藤寛 at 2006年07月22日 01:29
紹介してくださり、ありがとうございました。その、ホームページのあいざわさんって方と、連絡が取れるようになりました。
Posted by mari at 2006年08月01日 22:39
mari様
こんにちは。
本当ですか。よかったですね。
実際に現場に行って話を聞くのが一番の収穫になると思います。がんばってください。
Posted by 音環境コンサルタント 齋藤寛 at 2006年08月01日 23:29
α波ってなんですか??
今、卒業論文を書き始めています。
Posted by mari at 2006年08月23日 18:41
またまたすいません。
α波を聞かせて出来た野菜は美味しく植物も元気になるっていうのは、本当ですか??
Posted by mari at 2006年08月23日 18:44
mari様
卒業論文順調に進んでいるようでなによりですね。
α波というのは、音楽から出るのではなくてそれを聴いて気持ちよくなると「人間の脳」からでるものなのです。
何か一つ関連書籍でも読んでみるといいですよ。
Posted by 音環境コンサルタント 齋藤寛 at 2006年08月24日 22:33
こんにちは。ずいぶん前の記事なのですが、今更ながらTBさせていただきました。
最近流している曲はCM系やオルゴール系が増えて、モーツァルトは全体の1/3ほどになってしまったので、効果の程は正直よくわからなくなりました。
Posted by やんぐじょぶのすたっふ at 2006年11月01日 13:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18690096

この記事へのトラックバック

病院の恐怖音楽~モーツァルト効果
Excerpt: 先日またまた歯医者に行ったときのこと。今度は待合室でシューベルトの「魔王」がかかってました。恐い・・・。恐すぎる・・・。これから緊張の虫歯治療というときに、こんな恐い曲をかけるのはやめて欲しい・・・。..
Weblog: Muse on Music.
Tracked: 2006-06-08 12:55

モーツァルト効果?
Excerpt: ヤングジョブでは最近、BGMを流し始めました。{/onpu/} 気づいていましたか? 生誕250年でブームなモーツァルトからジブリまで 各種癒し系音楽をいろいろ流してみています。 α波で利用者が癒さ..
Weblog: Staff Room
Tracked: 2006-11-01 13:17
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。