↓BGMの心理学ブログは引越しました!↓
↓こちらのメインサイトからどうぞ↓
BGMの心理学


ヘッドフォンの調節の仕方

2006年06月09日

こんにちは。音環境コンサルタントの齋藤寛です。

今日は、以前にお話したヘッドフォン難聴の続きです。

ヘッドフォンで音楽を聴く場合は、なるべく大きくしないで聴いてくださいね。
ある日突然、突発性難聴になる可能性もあるとのことですので、音量には気を使ってください。

耳を傷めてしまう主な原因をあげましょう。

1.音量
2.時間
3.周波数(音の高さ)

この三つが大きく影響します。
高い周波数の大きい音を長い時間聴いていると難聴のリスクが高まります。
一度、難聴になるとなかなか治らないという話も聞きます。

気をつけましょうね。


そこで、ヘッドフォンの音量の調節の仕方をお教えしましょう。

ヘッドフォンにはオープンエア型とクローズド型があります。
これは、外の音が聞こえるかどうかといった区別です。

オープンエア型は外の音も聞こえるタイプで、ついつい音量を大きくしがちです。
静かな部屋でヘッドフォンをして、通常の会話ができる音量で聴くと安全です。
外で聞くときは騒音をマスキングしようとして音を大きくする傾向があります。
よく、音が漏れていて「シャカシャカ」鳴っているのを見かけます。
あれは危険ですのでやめましょうね。


クローズド型は、片耳をはずしてその耳で通常の会話ができる程度の音量にしましょう。

どちらが良いかということはいちがいには言えませんが、外で聴く機会の多い場合はクローズド型がよいでしょう。オープン型は騒音より大きくしがちですから。

それでは、このへんで。
posted by 齋藤 寛 at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(1) | 音量の話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

気持ちよい試聴に必要なもの
Excerpt: 大きなレコード屋の試聴コーナーを僕はよく利用している。試聴コーナーの無いレコード屋には行かないくらい、レコード屋といえば試聴である。でも、レコード屋での試聴ってあまり良くないのかなぁと最近思いはじめて..
Weblog: Muse on Music.
Tracked: 2006-08-09 20:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。